アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

 

夛田:皆さん1on1を始める際はどのような言葉からスタートされているでしょうか?

おはよう、こんにちはといった挨拶の次に、どのようなことを話されていますか?

 

いきなり仕事はどうなっているんだ?とか、困っていることはないか?というような本題に入る方もいらっしゃいますが、どのように入っていくとスムーズなのでしょうか?

 

松丘:いちばん効果的なのは「ねぎらい」です。いつもこういうふうにしてくれてありがとう、感謝しています、などねぎらいの言葉が入るのが効果的ですね。

 

夛田:それは日頃の小さなことでもよいのでしょうか?

 

松丘:そうですね。そこにはいくつかの意味があります。

一つは、ポジティブな話から入ると相手も話しやすいということです。口を開きやすい、そういう雰囲気ができますよね。

二つ目は、いつもこうやってくれてありがとうというのは、ちゃんと見ているよというメッセージを含みます。そういうところも見てくれていたんだという安心感、信頼感につながりますね。

 

夛田:そうですね。私も対話のスタートの場面を頭に思い浮かべながら聞いていましたが、「おはよう」といった挨拶の次に例えば今日は晴れだねといった天気の話や、時事ネタみたいなことを話すパターンが多いかなと思いました。

 

それよりは、このようにいつも皆に気遣ってくれてありがとう、とねぎらいの言葉をかけられる方が、私自身も気持ちは前向きになり、嬉しくなるなと思いました。ですが毎回となると、言う方もネタがなくなったり、言われる方もまただな、といった感覚になったりしないのでしょうか?

 

松丘:言う方はやはりネタをちゃんと日々探しておくということが大事です。探しておかないと毎回同じだったらそこしか見ていないのかと思ってしまいますよね。他の良さはないのかと

思ったりもしますが、言われる方は決して悪い気はしないですよね。また言っている、いつものパターンか、と多分思うでしょうけれど、悪い気はしないはずです。

マネージャーの素直な気持ちや、作り事ではない気持ちをそのまま表現するのがすごく大事かなと思います。

 

夛田:マネージャーの皆さんは日々小さなことを観察し、しっかりそれを書き留めることや頭の中に入れておくということ。そしてメンバー側も素直に受け止めるという姿勢も大事なのかなと思いました。ぜひマネージャーのみなさんいろいろな部下の良いところ、ポジティブなところを発見してみてください。

 

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。