アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

 

夛田: 今回はメンバーの方のキャリア開発をどう支援していくかというテーマについてお話をします。松丘さん、キャリア開発支援についてのポイントをお伝えいただけますか?

 

松丘:そうですね。目標設定は四半期とか、半年、1年など割と近い未来の話です。それに対してキャリア開発は3年、5年など中長期的な視野で考えます。

 

目標設定は業務に関連した話で、目標設定とその振り返りを繰り返しただけでは、自分はいったいどこに向かっているのかということについてあまり確信が持てません。

 

仕事を通じた働きがいを感じる要素として、今こうして頑張っていることが自分の将来の可能性につながっていると感じられることが大きな要素になります。そのため、1on1の中では、目の前の目標や仕事など、“今”だけを話すのではなく将来的なキャリアについても話しましょう、というのが重要なテーマです。

 

夛田:将来というと、これからどうなっていくかもわからない中ですが、自身がどうしていきたいかということを、マネジャーがしっかり聞いてあげる姿勢が大事になるということでしょうか?

 

松丘:マネジャー側にとっても、この人は将来こういう風になりたいんだということがわかると、こんな応援をしてあげようとか、いまのうちにこういうことを勉強・経験をしておくといいというアドバイスや、機会を設けるなど支援しやすいですよね。何を支援すればよいのかがわかりやすくなるので、そういった意味でもキャリアビジョンを本人とそのマネジャーが共有するということは有益です。

 

夛田: 自分でもキャリア開発についてどうしたらよいかわからない、なかなか見つからないという方も多いのではないかと思いますが、そのような方は、自分には何が向いているのかとマネジャーに相談をしたり、一緒に考えてもらったりするのでも構わないということでしょうか?

 

松丘:キャリアビジョンが明確で、私はこうなりたいといったビジョンがあるとわかりやすいですが、将来のことをあんまり考えたことがない、考えてもよくわかりませんといった方がほとんどと思います。もちろん一緒に考えてあげるといったようなこともすごく大事ですが、その際に重要なことはマネジャー自身が自分のキャリアビジョンをきちんと考えているかということです。自分のキャリアビジョンもよくわかってない人に相談したいと部下も思わないからです。

 

素晴らしいビジョンを持っている必要はありませんが、自分はこんなことを考えていると自分の言葉で話せると、対話も深まるかなと思います。

 

夛田:マネジャー自身がまずは自分のビジョンを描き、それをメンバーにも共有する、伝えていくということも大切になってくるのでしょうか?

 

松丘:そうですね。ビジョンはその人の価値観と密接に関係しています。マネジャーがどういう価値観を持っているのかということを伝える一つの方法として、ビジョンを語るのもよいと思います。私はこんなビジョンをもっているのだと自慢するとか、それに協力しろとかいう話ではないのですが。

 

夛田:マネジャーのみなさん、ご自身のキャリアビジョンを語ることができますでしょうか?なかなかそんなものを描く時間がない、自分の価値観に向き合う時間がないという方も多いかと思いますが、まずは部下のキャリア開発を支援する前に、マネジャー自身がビジョンを描くということにトライしてほしいなと思います。

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。