アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

 

夛田: 今日は目標設定についてお届けしたいと思います。部下が立てた目標に対してマネジャーがどのように支援していくことが必要なのか?松丘さん、目標設定を支援することはマネジャーの仕事のひとつとも言われていますが、理想的な支援というのはどのようなものでしょうか?

 

松丘:これまでのMBOのように上から目標を与えていくやり方だと、あまり支援する必要もなく、あなたはこれをやってくださいと伝えて、本人が納得するかどうかということだったと思います。現在のようにニューノーマルの時代になり、実際に在宅勤務などで自律的に仕事をしていく際に、あなたはこれをしてください。あれは終わったか?などということを逐一マネジメントしていくのは現実的に難しいので、一人ひとりが自分は今期これを目標にしようだとか、あるいは次はこれにチャレンジしたいなどと自律的に目標を立てられるようになっていくことがまず大前提として必要です。

 

自律的に目標を立てるといっても、好き勝手に立てればよいというわけでないのは当然です。会社の目標、自分のチーム目標などの達成に貢献するような目標でないと意味がありませんが、自分はこの目標に向けてチャレンジすることでチームに貢献したいと考えたときに、それが本当にそのチームの方向性と合っているのか、あるいはマネジャーから期待されていることに適合しているか、そういうことについて本人は不安を感じますよね。そのため、そこは相談相手になってあげることが大事かなと思います。

 

夛田:ニューノーマルの時代でなかなか対面では会えなくても、自分の立てた目標がしっかり組織に貢献できているかなどについて、話をしていく場が必要だということになりますでしょうか?

 

松丘:そうですね。当然チームの目標に貢献するためには、チームの目標は何か、どういう戦略なのか、どういうシナリオをイメージしているのかといったことをよく理解しないと、それに貢献する目標を立てられないですから、マネジャーの考えているシナリオをきちんと説明するというのは必要ですよね。

 

夛田:今までですと上からこの部門の売上目標はいくらだから一人いくらずつ、といった形で分配されていて、考えなくてもなんとなく目標が降ってきていたところがあるかもしれませんが、マネジャーがただ分配するのではなく、それぞれが自律的に考えた目標に対する支援は難しいような気がしますが、このあたり、どのようにするとよいのか、アドバイスがあれば是非伺いたいです。

 

松丘:ある程度経験があり自分で考える力のある人は、チームがこういう方向性、会社はこういう方向性を目指しているのであれば自分としてはこれをやりたいというふうに考えられるわけです。逆に、その分野の経験が十分でなかったり少なかったり、あまり考える癖がついてなかったりするような人は、目標を自力で立てなさいと言われても、何をどう考えてわかりません。

 

そのため、前者の人についてはできるだけ任せて考えてもらえばよいと思いますが、後者の人については、それならこういうことから始めたらどうか?最初はこういうステップを目指したらどうか?などとマネジャーから提案をして、対応していくことも必要でしょう。

 

それは今までのような上から目標を与えるというのと違い、あまり経験のないうちはそのように提案しても、だんだん自分で考える幅を広げていくことができるように、次は自分で考えてみては?などと言って範囲を広げていくということが大事かなと思います。

 

夛田:メンバー側も自律的に自分で考えることが必要になってきますし、マネジャー側も部下の自律的な目標に対して支援をしていくという、両者共がまだ慣れていないことに、慣れて行く必要性があるのかなと、聞いていて思いました。

 

ぜひこれからは自律的に組織に貢献するという点について自分なりにしっかりと考えていくこと。マネジャーもまたメンバーと共に行っていくということを少し意識していただきないなと思いました。

 

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。