アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

 

夛田:今回はマネジャーの役割について皆さんと考えてみたいと思います。あらためてマネジャーの役割って何なのかと問われると、管理をするもしくは部下に指示を出すこと、そのように思っている方も多いかもしれません。松丘さんが考えるマネジャーの役割とはいったいどのようなものでしょうか?

 

松丘:今、夛田さんが言われたように、かつてはいわゆる管理者でした。マネジャーは管理職と言われたように管理をするのが役割でしたよね。

 

夛田:何を管理するということでしたか?

 

松丘:労働基準法に管理監督者という言葉があります。会社の立場で従業員を管理する、指示するのが管理監督者の役割。どちらかというと会社側に立っているということです。

 

まじめに働いているか、安全に働いているか、そういったようなことを管理監督するという意味合いです。ただ、特に最近のニューノーマル時代では、管理をして仕事をさせるということよりも、メンバーの側がもっと自律的に仕事をしていくということが求められています。

 

実際、リモートワークをしている場合、逐一すべて管理することは非常に難しいですし、在宅勤務の場合は家のことなどもやりながら自分で時間のコントロールをしますよね。そのため、9時から5時まで働くことを管理するということ自体の意味が薄れています。ここで求められているのは、従業員の方が自律的に仕事をしてその中で成果を出していくことを支援していくという役割ですね。

 

夛田:先日ある会社の方とお話をした際にも、管理職もしくはマネジャーの方が部下を支援するような役割になるようにと会社から言われているが、具体的にどういう支援、自律のサポートをすればよいのかというところが悩ましいというようなお声がありました。これについてはどうでしょうか?どのようなことを支援することが望ましいですか?

 

松丘:基本的には、1on1で何を話すのかというのと同じようなことです。1on1はただ1対1で話せばよいということではありません。1対1で管理しても意味がありません。たとえば、自律的に働くということになると、一人ひとりが自分で目標を立てるといったことが必要になってきます。その目標を立てる際に、本人からすると自分が立てた目標が、会社の方向性や、上司の期待に沿っているのかどうかが不安になりますから、そういう相談に乗ってあげるというのは一つです。

 

あるいは、仕事はやりっぱなしだとあまり意味がなくて、仕事をした経験の中からいろいろ学んでいく。自分なりに気づきを得て学習してそれをまた次の仕事に活かしていくといったサイクルが必要になってきますが、仕事の中で学んだことを、一人で振り返るのはかなり難しいので、上司が話し相手になる必要があります。

 

あるいは、この前の〇〇すごく良かったよといったポジティブフィードバックをもらえると、あれはよかったんだということがわかります。もちろんその逆もあります。そういうフィードバックや質問を投げかけてくれたり引き出してくれたり、そういう相手がいないとなかなか仕事の経験から学ぶことは難しいと思います。

 

夛田:勤務時間を守って働いていたかなどといった勤怠管理ではなく、その人の悩みに沿った形で、並走していくようなイメージでメンバーのことをサポートしていくというようなことでしょうか?

 

松丘:当然悩みだけではなく、将来こういうことを目指していきたいという姿が共有されたら、こういう機会があるからちょっとチャレンジしてみない?今度、本社の方でこういう研修があるけど参加してみない?といったように、機会を作ってあげることもできますよね。

 

夛田:そうなると10人メンバーがいると10人違ったサポートの仕方が必要になってきますよね。マネジャーの方の引き出しと言いますか、今までよりもより考えた部下指導・支援が必要になってくるなと感じましたがこの辺りいかがでしょうか?

 

松丘:当然、一人ひとりを見て対応することが大事です。自分はこうやってきたから皆こうすべきといった考え方はしない方がいいと思いますね。

 

夛田:マネジャーの役割自体が今のように変わってきているということ、そういう中で一人ひとりのメンバーにあったサポート支援をしていくためには、あらためて1on1の場でよりメンバーを理解するというステップが必要になってくるのではないかなと思いました。

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。