アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

 

夛田:マネジャーの役割としてメンバーを支援することが重要とお話ししてきました。メンバーが気づきを得ることについてお伝えしたわけですが、今日はマネジャー自身が気づきを得ることの大切さについても話をしていきたいと思います。

 

松丘さんマネジャー自身が気づきを得ることとは、いったいどういうことなのでしょうか?

 

松丘:1on1というのは基本的にはメンバーのための場、あるいは時間と言われますし、その通りではありますが、同時にマネジャーが学習する場でもあります。

 

マネジメントというのは知識があっただけではできません。マネジメントの本を読んで知識を得たから達人になるというわけでもないですよね。部下も十人十色ですから、一人ひとり違いますし、同じ相手でもその時の状況によって全然違ったりするわけです。このパターンなら大丈夫、といったように特定のやり方が良いということでもありません。

 

そのため、マネジメントが上手にできるようになるためにはマネジャー自身が経験しなければなりません。経験してそこから気づきを得る。やはりそうなんだ、というふうに自分自身で内省を繰り返していく中で、自然とそれが蓄積されてきてマネジメントがうまくなるということです。

 

夛田:1on1の場は基本的にメンバーのための時間ではありますが、マネジャーの学びの時間でもあるという観点に意外とハッとさせられた方もいらっしゃるのではないかと思います。具体的にマネジャーがどういう学びや気づきを得たかというお話を共有いただけますか?

 

松丘:上司も当然、自分の価値観を持っているので、自分のフレームで相手を見ていることは少なくありません。

 

なんでこういう行動をとるんだろう、なんでそんな考え方しかできないんだろうという見方でいると、相手もそう見られていることがわかるので反発してきます。

あるいは、逆に何かのきっかけですごく自然に、同じ相手に対して、あ、そういう考え方だったんだということがふと分かることもあります。そのように、自分の見方は違っていたのかもしれないと気づくことはすごく多いと思います。

 

夛田:自分の見方の偏りや、捉え方の偏りみたいな部分だということですね。やはり、この捉え方の偏りがない方が、マネジメントはうまくいくということにもつながってくるのでしょうか?

 

松丘:そうですね、人の価値観は違いますから、それによって何を大切にするか、何の優先順位が高いかは皆さん違います。一人ひとりのものの見方や強み、行動などはそれぞれ違うので、それらを引き出してあげることによって本人も充実感を感じますし、チーム全体としてもパワーアップできます。

 

夛田:1on1の場では上司の方がメンバーを理解するという話はこれまでもお伝えしてきていますが、メンバー側に立つと、どうせこの上司に言っても理解してもらえないなどと上司に対する不満や不平みたいなものをお持ちの方もいるかもしれません。それはメンバー側も眼鏡をかけて見てしまっているということにもなりますね。

 

松丘: そういう可能性はありますね

 

夛田:そうすると、お互いの色眼鏡を外して話すと言いますか、見方を変える、また捉え方を少し自分で変えてみるなど、気づきを得る場というものが1on1の場にもなるので、違いに気づくという観点で1on1を行ってみると、今までとは異なる景色が見えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。