アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

 

夛田: 1on1の場において、「フィードバック」は大切です。ただ、そう言われてもどうすればよいのかわからないというお声も非常にたくさんあるので、今日はこのフィードバックのポイントについて松丘さんに聞きたいと思います。松丘さん、フィードバックをする際のポイント、

また上から何かを指示される、評価をされるというようなことにならないようなポイントにはどういったことがあるのでしょうか?

 

松丘:実際、評価をしていてもその結果を本人にフィードバックしていないという会社も非常に多いのは事実です。部下にとって耳の痛いことを言いづらい人もいれば、それ以上に、ここがよかったよと褒めることも恥ずかしくて言えない人は多いですね。しかし、フィードバッグのいちばんの原則は率直に伝えることです。

 

夛田;フィードバックでよいことしか言わない人もいると思いますが、言いにくいことや本人にとっては耳の痛いようなことも、アドバイスとしてきちんと伝えてあげるということは問題がないということですね。

 

松丘:それは問題ありません。ただその場合は、本人が良かれと思って行っていることに対して「あれダメじゃないか」と否定されたとすると、何がよいのかよくわからないということになりますよね。そのため、いわゆるネガティブフィードバックの場合は、何を行うことはよくて、何を行ってはいけないか、最初から明確になっていることが必要です。

 

また、言い方が大切です。全否定するような伝え方ではなく、あの時あなたはこんなことをしたけど、もっとこうしたほうが良かったのではないかな、などと言い方を考える必要があります。

 

ネガティブなフィードバックもありますが、それ以上にポジティブフィードバックがやはり大事ですよね。自分の強みに対してポジティブにフィードバックされると、もっとそれを伸ばしていこうとか、今のまま頑張っていけばいいんだというふうに思える効果があります。

 

また、自分で自分のことはよくわからない、どういう人か自分では見えないので、こういうところがあなたらしいとか、この前の行動は貴方ならではの発想だよね、などと言われると自分にそういうところがあるんだなと気づく、ということもありますよね。

夛田:私も松丘さんから言われて気づくことがたくさんあると思っています。今は上司が基本的にフィードバックをするという観点で話していましたが、上司はフィードバックを部下にしているだけだと、なかなか上司自信が気づくということが難しくなりますね。例えば課長だったら部長に面談をしてもらえばそこで気づくのかもしれませんが、上になればなるほどそれを気づかせてくれる人がいないと考えますと、部下側から上司の方にフィードバックをするということ必要なのではないかとは思いますが、この点はどうでしょうか?

 

松丘;そうですね。会社の制度として360度評価を行っているところありますが、そういった仕組みもがなくても、フィードバックカルチャーは大事ですよね。

 

海外ではよく、“Feedback is a Gift” と言われますが、その人が成長したりするための贈り物だから、贈る方も心を込めて贈る必要があり、贈られる方も大切な贈り物だと受け取れるかが大事です。お互いがそういうふうに思っているカルチャーがあれば、フィードバックがよく機能します。

 

夛田:注意やアドバイスということではなくて、ギフトとして捉えるということですね。松丘さんは今までこのギフトはたくさんもらってきたなと自分を振り返って思われますか?

 

松丘;そうですね。あれはよかった、あのおかげで助かっているといったことを言ってもらえたから、こういうことをしていけばいいんだなと学習できてきたのだろうなと思います。

 

夛田:立場に関係なく、新入社員の方でも、管理職の方でも、皆さんがお互いにフィードバックをし合え、そしてそのフィードバックをギフトして捉え、お互いに贈り合うことで気づきにつながる。そんな文化の会社にしていくことが重要だと思いました。

 

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。