アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

 

夛田:今日はエンゲージメントについてお伝えをしていきます。

エンゲージメントと似た言葉に従業員満足度がありますが、この違いはお分かりでしょうか?なかなか説明が難しいと感じる方もいらっしゃるのではないかと思いますが、松丘さん、エンゲージメントについてどのように考えていますか?

 

松丘:エンゲージメントというのは、従業員の方が仕事や組織に愛着を持っているとか、関わりたいとか思う気持ちです。従業員満足度というのは幅が広い概念ですが、例えば会社の福利厚生に満足している、あるいは給料や会社のビジョンなど、どちらかというと自分の外側の環境に対する満足度を表すことが多いです。

 

それに対してエンゲージメントは外側というよりも、自分はこの仕事で活躍したいとか、この組織にもっと貢献したいという、どちらかというと内側から湧き出てくる内発的な思いの強さです。

 

夛田:従業員満足度に対して、エンゲージメントとは気持ちということなので、見えづらいものという印象を受けました。見えない気持ちを高めていくことの難しさがあるのでは?と感じましたが、その辺りポイントなどを教えていただけますか?

 

松丘:働く動機づけをどうするかということですね。この会社で働く、あるいはこの仕事は何のためにあるのかという目的や意味づけみたいなものを持つことが大事です。また、日々の仕事の中でやりがいがあるとか、成長実感があるといった、働きがいを感じられるという点もあげられます。また、この仕事を続けることによって自分の可能性が広がっていくとか、将来のキャリアが見えると感じられる、という状態で仕事に取り組んでいることが大切です。

 

夛田:すべての人が自分の思う会社に入って自分のやりたい仕事ができているわけではないと考えると、自分自身は何のためにこの仕事をしているのか、どんなことに働きがいを感じるかなどすごく見えづらい、理解が難しいという方も多いのではないかと思いました。1on1がそれらを考える効果的な場になるのでしょうか?

 

松丘:そうですね。自分のやりたい仕事が100パーセント叶えられるような環境はあまりないと思いますが、同じ仕事であったとしても、自分だったらこういう風にやりたいとか、この仕事を通じてこんな活躍がしたいというように考えることができれば、仕事の取り組み方や、周囲への影響も変わってくると思います。そういうところを1on1で話し合うのは大切ですね。

 

夛田:1on1は他者から自分を引き出してもらう対話の場でもあり、自分の中でも自分と対話していくということが非常に必要と感じました。

 

松丘:そうは言っても、例えばずっとこの勉強してきたのでこの職種につきたいとか、あるいは3年前にこの部署に転勤してきて専門性を身につけて、業界でのネットワークもできてきたのにまた転勤、となるとやる気をなくしてしまうようなこともありますよね。これまでの会社は、会社の都合で異動などを命じてきましたが、これからは、本人のキャリア志望や意志を会社側も受け止めていくということが必要だと思います。

 

夛田:エンゲージメント高めるには1on1の場が有効であり、上司との対話というのも大切ですが、そこをうまく理解した上で会社との対話だったり、上司以外のメンバーとの対話だったり、様々な対話を続けながら従業員一人ひとりをきちんと理解していくという必要性を皆さんにも感じていただけたのではないでしょうか。

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。