アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

夛田:前回、OKRについてお話ししましたが、OKRの立て方のポイントの1つとして、ストレッチしたチャレンジ目標を立てるとよいと言われています。このチャレンジについてお話を伺いたいと思います。チャレンジと言っても加減がわからなかったり、難しかったりするイメージがありますが、チャレンジとはいったいどういうことなのでしょうか?

 

松丘:チャレンジというのは一つには、今まで経験したことがないようなこと、未知の領域に踏み出すということですね。

 

夛田:未知の領域に踏み出すとは、言葉では簡単ですけどもなかなか心理的なハードルが高く、周りの支援もないと難しいのかな、と想像するのですが。

 

松丘:そうですね。今までのMBOのやり方ですと、未知の領域に踏み出すリスクを取ることはあまりしなかったですね。それをしてしまうと目標が達成できなくなってしまいますから。OKRで言われているチャレンジというのは、これやりなさいというわけではなく、自分がこれをやりたいというチャレンジですから、簡単ではないがやりたいこと、ということがすごく大事になりますね。

 

夛田:従来のMBOだと達成度が評価につながって給与、賞与などに反映されていたと思うのですが、未知の世界でストレッチしていると、成果としてなかなか達成できない、できたとしても達成度が低いため、評価も低くなってしまうという懸念をされる気がしますが。

 

松丘:そもそも何をもって求められる成果とするか、というところですよね。今までやってきたことを繰り返すのではチャレンジとは言えないですよね。それは今までやってきたことの延長線上でできることなので、もし、それで構わないのであればそんなにチャレンジは必要ないわけです。ただ実際、多くの会社ではそれではだめだ、イノベーションだとか新しい価値を生み出すべきだと言われているので、そのような成果を評価してあげる必要があります。

 

夛田:これまでは過去の方程式で成果が出た時代だったのかもしれませんが、これからはそうではない。イノベーションを起こすにはチャレンジする目標が必要だということですね。

 

松丘:そうですね。チャレンジというのは新しい何かを生み出すために必要という成果の側面もありますが、もう一つは、個人の成長のために必要です。自分ができること、やってきたことを繰り返しても、そこから新しい気付きや学びはあまり得られません。今まで未知だったところに踏み出してみるということによって、違った景色が見えてきたり、これまでにできなかった経験ができたりすることから、新しい学びが得られますよね。チャレンジによって個人の成長の機会が増えるという意味合いが重要です。

 

夛田:MBOだとなかなか個人の成長というイメージは感じなかったので、個人の成長という視点はとても新鮮に感じました。みなさんも個人がどのように成長していくか、自分自身がどのように成長したいかを、OKRで目標を立てることによって、考えてみるよい機会にしていただければと思っています。

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=z_2j8zGO0fs&t=3s