アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

夛田:1回目の話の中で、1on1では様々なことを上司から支援してもらえるとのことでしたが、これを上司に話してよいのかと悩まれる方も多いのではないかと思います。私自身も過去の経験からいうと、この人に話しても支援してくれるのかなと思ったり、また、上司も忙しい中そんな時間を作ってもらっていいのかなという気持ちになったりすることも正直あったのですが、そのあたりはいかがでしょうか?

 

松丘:もちろん、何でも話してよいのですが、前提として上司側がしっかりと傾聴して、相手を理解しようとするという姿勢が大事になります。上司の側がダメだしをしたり、君はここが問題だねと改善点の指摘をしたり、どちらかというと自分の考えを一方的に伝えると、部下の側は、自分はやっぱりだめなのかな?あるいはまた叱られるんじゃないか?と思って、言いたいことが言えなくなってしまいますね。

 

夛田:上司の視点から見ると、傾聴のポイントには何でしょうか?

 

松丘:傾聴のスキル以前に、基本的には「相手を認める」ということかなと思います。一人ひとり何を大切にしているかという価値観はみんな違い、それによって考え方や感じ方も違うので、この人はこういう人なんだということをしっかりと理解してそれを承認することが大切だと思います。

 

夛田:承認、認めるという言葉が出てきましたが、なんとなく「褒める」ということに近いのかなと感じましたが、褒めることとはまた違うニュアンスでしょうか?

 

松丘:上司の基準で判断している例が多く見られますが、そうではなく、ありのままにこの人はこういう人なんだと、主観的な基準を入れずにありのまま理解することが必要です。その上で、「そういうところが〇〇さんらしいね」とポジティブにフィードバックすれば、部下も自分が認められていると感じます。褒めるというのと少しニュアンスが違うかも知れません。

 

夛田:上司の中の基準と比較されないというお話でしたが、部下同士の横での比較もしないという前提だということですよね。

 

松丘:そうですね。やはり何かの比較があると、自分はできている、できていないということをどうしても考えてしまうので、ありのままの自分で、ここにいる価値があるんだと思えると、それが自己肯定感や頑張っていこうという気持ちの土台になると思います。

 

夛田:テクニックというよりも、心理的に話してもよいと思えることが大事ということですね?

 

松丘:そう思いますね。

 

夛田:上司の方とも心理的な部分でのハードルを下げながら、お互いに1on1ができるような環境を作っていただけるとよいのかなと思いました。

 

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。