アジャイルHRでは代表の松丘啓司と講師の夛田素子によるYouTube「1on1チャンネル」を開設しています。本サイトでは、過去に配信した対談を1回ずつ短いコラムに編集してお届けします。

 

夛田:「1on1」という言葉がこの数年色々なところで聞かれるようになりました。本日は初回ですので、そもそも1on1って何なのか?それを行うとどのような良いことがあるのか?目的などについてご紹介できればと思います。

松丘さん、そもそも1on1とはどのようなことなのでしょうか?

 

松丘:1on1とは文字通り1対1を意味しますが、職場において上司と部下が1対1で対話を行う場を指して1on1と言っています。

 

夛田:1対1の対話を指すということですね。これまでも職場で上司と1対1で話すことはあったと思いますが、敢えて1対1ということを取り上げる意図、目的は何かありますか?

 

松丘:単に1対1で話せばよいわけではなく、基本的には一人ひとりのパフォーマンスを高めることを支援するというのが主な目的です。

 

当然、仕事の場で上司と部下は業務の会話をしますし、これまでの企業の制度でも半期に一度くらい目標設定やその達成度、業績評価を振り返ってフィードバックするという面談はありました。ただ、どちらかというと評価が目的になっていて、あまり一人ひとりを支援するという色彩は薄かったといえます。けれども、評価をしたり管理をしたりするだけでは個人が成長するのはなかなか難しいので、一人ひとりの成長やパフォーマンス向上の支援を目的として、半期に一度ではなくもっと頻繁に、必要な時に会って話すことの方が効果的なのではないかという考え方に基づいているものですね。

 

夛田:パフォーマンス支援という言葉がすごく新鮮だと思います。今までだと半期に行った結果がどうだったかということのみで、結果だけにフォーカスしていますよね。自分自身にフォーカスしてどう頑張りたいのか、将来像など話すイメージがわきませんでしたが、そういった将来に向けてですとか、私自身を見ていただけると捉えていいということでしょうか?

 

松丘:評価というのはどちらかというと過去のこと。済んだこと。それに対して、成長というのはどちらかというと未来のことですよね。これからどうしていきたいか。何を経験していくか、というような未来志向で話すことが必要です。

 

どう成長していくか、何をやりたいかというのは一人ひとり違うので、それぞれに応じて話す内容が異なってくるわけですよね。そういうところが1on1とこれまでの面談の一つの違いになります。

 

夛田:大人になってから、成長させてもらえる、成長を感じることができるということ、また未来に向けて進んでいけるんだという言葉がすごくわくわくして聞こえますね。この気持ちで1on1を続けていきたいと思います。

 

動画(YouTube)はこちらをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=4nejXyP9VKI&t=46s