オンライン1on1ツールを用いたマネジャーの行動促進による部下のエンゲイジメント向上機能に関する共同研究開始のお知らせ

 

企業のパフォーマンスマネジメント変革を支援する株式会社アジャイルHR(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松丘啓司)は、オンライン1on1ツールを用いたマネジャーの行動促進による部下のエンゲイジメント向上機能に関する共同研究を、国立大学法人東京大学大学院医学系研究科川上憲人教授の研究室(精神保健学教室)と本年6月より開始しました。

 

■背景

多くの企業において、管理職のマネジメント変革の取り組みが行われています。マネジャーが業績管理に偏重するのではなく、メンバー1人ひとりのワーク・エンゲイジメント(注1)を高める支援を行うことで個人と組織のパフォーマンスを向上させることをねらいとして、管理型から支援型のマネジメントへの転換が図られようとしています。

 

そのような支援型のマネジメントを実践する場として、上司と部下の頻繁な対話の場となる1on1(ワン・オン・ワン)を制度として導入する企業も増加しています。新型コロナウィルス感染症の拡大や、それを契機としたリモートワークの増加に伴って、マネジャーとメンバーの密なコミュニケーションによる、1人ひとりのメンバーのケアや動機付けの必要性がさらに高まっています。

 

 株式会社アジャイルHRでは、これまで企業内での1on1を効果的に運用することを支援するクラウドサービス「1on1navi」の提供や、マネジャーとメンバーの双方に対する1on1研修の提供を行ってきました。しかしマネジャーのマネジメント力の向上を図るためには、研修という限られた機会だけでなく、日常的にマネジャー1人ひとりの課題解決を支援する機会をより増やすことが必要とされます。

 

 現場においてマネジャーへの支援を提供するには、テクノロジーを活用することが効果的です。そこで、川上教授の研究室におけるワーク・エンゲイジメントやマネジメントコンピテンシーに関する学術的な知見と、当社における1on1やピープルマネジメントの実務的な経験を組み合わせて、マネジャーの課題に応じたアドバイスやフィードバックのアルゴリズムの開発に取り組むこととしました。

 

 その成果をもとに、当社においてHRテクノロジーを用いた、マネジャーに対するレコメンデーションシステムを開発する予定です。

 

■共同研究の概要

  1. 目的

 オンライン1on1ツール(1on1navi)に、部下のエンゲイジメントを高める上司の行動を促進するための、セルフアセスメントおよび行動促進システムを追加します。そのための技術開発を行います。

 

  1. 期間

 2021年6月から2022年3月

 

  1. 研究内容

 技術開発の主な内容は以下のとおりです。

・部下のエンゲイジメントを高める上司の行動に関するセルフアセスメント調査票を開発し、判定基準を設定

・セルフアセスメントに基づいて上司に望ましい行動のアドバイスを行い、その行動を促進するためのシステム要件を識別

 

(注釈)

注1:ワーク・エンゲイジメント

 仕事でのポジティブな気持ちのこと。日々の仕事の中で、楽しいと感じたり、幸せに思ったりする前向きな気持ちを指す。ワーク・エンゲイジメントの向上には、従業員のパフォーマンスを高める等の効果がある。

 

■アジャイルHRについて

株式会社アジャイルHRは、企業におけるパフォーマンスマネジメント変革を支援することをミッションとして設立されました。1on1やOKRをサポートするクラウドサービス「1on1navi」(https://1on1navi.com/)を中軸に、マネジメント研修や評価制度の刷新のコンサルティングなどを含めて、パフォーマンスマネジメントの変革を総合的に支援しています。

(代表者:松丘 啓司)

東京大学法学部卒業後、アクセンチュア入社。同社のヒューマンパフォーマンスサービスライン統括パートナーを経て、2005年に企業の人材・組織変革を支援するエム・アイ・アソシエイツ株式会社を設立し代表取締役に就任(現任)。2018年に株式会社アジャイルHRを設立し代表取締役に就任

著書「1on1マネジメント」(2018年)はピープルマネジメントの教科書として多くの企業で活用されている。「人事評価はもういらない」(2016年)は人事だけでなく一般の読者にも広く読まれるベストセラーとなった。

 

■お問い合わせ先

株式会社アジャイルHR

〒107-0062

東京都港区南青山5-4-6-503

電話:03-6452-6115

E-mail: info@agilehr.co.jp

URL : https://agilehr.co.jp/