新型コロナウィルス感染症の問題を契機として、企業活動にはこれまでにない大きな変化が求められています。「人が資本」と言われて久しく経ちますが、この変化を牽引する原動力は「人」に他なりません。

そこで、「変質する時代における人材マネジメント」はいかにあるべきかをテーマに、Withコロナを1年余り経験したこのタイミングで、アクセンチュアとアジャイルHRはウェビナーを共同開催する運びとなりました。

本ウェビナーでは、日本の産業人材政策を担っている経済産業省産業人材課長 能村幸輝様と、進歩的な人事施策を次々と打ち出されている丸紅の執行役員人事部長 鹿島浩二様をお招きして、HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田祐様の司会によるパネルディスカッションも予定しています(セミナー内容は下記をご参照ください)。

新たな人材戦略への示唆を数多くお届けしたいと考えていますので、ぜひご予定ください。

 

<セミナー詳細>

日時:2021年5月14日(金)13時〜16時

 

対象;人材マネジメント革新を課題とする企業の経営層、人事部門

※同業他社様からのご参加は、お断りさせていただいております。

※ご登録の際はかならず会社のメールアドレスをご入力ください。

 

参加費:無料

 

定員:なし

 

会場:オンライン

※ご登録いただいた方にZoomのURLをメールでお送りします。

 

申込方法:当ページ下部の「申し込みフォーム」よりお願いします。

 

セミナー内容:

 「変質する時代におけるワークライフインテグレーション~人事の新たな役割が企業を救う」

   HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田 祐

 「デジタルHR~ピープルセントリックな人事へ」

   アクセンチュア株式会社 人材・組織プラクティス日本統括

   マネジング・ディレクター 植野 蘭子

   アクセンチュア株式会社

   マネジング・ディレクター 堆 俊介

 「自律的な働き方を促進する組織マネジメント変革の事例~OKR+バリュー+1on1+360度アセスメント」

   株式会社アジャイルHR 松丘 啓司

 

パネルディスカッション

 「変質する時代における人材マネジメント〜生産性向上とワークエンゲージメント 」

 (司会)

   HRエグゼクティブコンソーシアム代表 楠田 祐

 (パネリスト)

   経済産業省 産業人材課長 能村 幸輝 様

   丸紅株式会社 執行役員 人事部長 鹿島 浩二 様

 

 

 

<ご登壇いただく方々・講師>

 

能村 幸輝/経済産業省 経済産業政策局 産業人材課長

2001年 経済産業省入省。人材政策・税制担当、エネルギー政策・資源外交担当、原子力被災者支援担当、大臣官房総務課政策企画委員などを経て、2018年より現職。経産省の人材政策の責任者。テレワーク、副業・複業、フリーランスなど「多様な働き方」の環境整備、リカレント教育、HRテクノロジーの普及促進、外国人材政策などを担当。

 

 

鹿島 浩二/丸紅株式会社 執行役員 人事部長

1989年 丸紅株式会社入社。入社時配属から現在に至るまで一貫して人事業務に従事。2001年から2006年まで米国・ニューヨーク駐在。2007年に帰国後、人事部企画課長として、人事戦略策定、人事制度改訂、ダイバーシティ推進などを担当。2013年に中国・北京駐在、2015年からは営業のグループ企画部副部長としてHRBP的役割を担った後、2017年 人事部長、2020年4月 執行役員人事部長に就任、現在に至る。現在、人財戦略として「マーケットバリューが高い人財が育ち、活き、繋がる丸紅人財エコシステムの形成」を掲げ、処遇制度、タレントマネジメント、働く環境の3つの視点から人事制度改革に取り組んでいる。

 

 

楠田 祐/HRエグゼクティブコンソーシアム 代表

NECなど東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。会長を経験後に中央大学ビジネススクール客員教授(MBA)を7年間経験。2015年は日テレのNEWS ZEROのコメンテーターを担当。2016年より大企業30代の人事育成「人事リーダズスクール」のコーディネイターを担い、これまでに700人指導。同年より人事向けラジオ番組「楠田祐の人事放送局」のパーソナリティを毎週担当。2021年1月にはリスナー計180万人を突破。2017年より大企業120社が会員のHRエグゼクティブコンソーシアム 代表就任。2018年より人事向けラジオ番組「楠田祐の人事セントラルステーション」のパーソナリティを担当。2021年1月にはリスナー計18万人を突破。2020年より大企業20代の人事育成「戦略人事の基礎スクール」の座長を担当。企業顧問、アドバイザー、非常勤顧問は多数。

主な著書:「破壊と創造の人事」(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン) 2011年は、Amazonのランキング会社経営部門4位(2011年6月21日)を獲得した。

 

 

植野 蘭子/アクセンチュア株式会社 人材・組織プラクティス日本統括 マネジング・ディレクター

大学卒業後、トヨタ自動車に入社。人事部でグローバル事業展開を人事・組織面から支える業務や、社長直轄のトヨタインスティテュートにてToyota Wayを浸透させる業務に従事

2006年にアクセンチュアに中途入社。以降、幅広い業界において、グローバル化・デジタル化に向けた企業変革支援、人財・組織戦略、M&A支援など、戦略コンサルティングに従事

専門領域として全社戦略・オペレーティングモデルデザイン、人財・組織戦略、組織・風土改革など

 

 

 

堆 俊介/アクセンチュア株式会社 マネジング・ディレクター

2001年アクセンチュア入社。人材・組織のスペシャリストとして人材戦略、組織設計、人事制度設計、人事業務改革・IT導入等の深い知見を活かした多数のコンサルティング経験を有する。カルチャー変革、研修講師としても実績多数。

 

 

 

松丘 啓司/株式会社アジャイルHR 代表取締役社長

1986年  東京大学法学部卒業。アクセンチュア入社。人と組織の変革を支援するチェンジマネジメントサービスの立ち上げに参画。以後、一貫して人材・組織変革のコンサルティングに従事。1997年 同社パートナー昇進。以後、ヒューマンパフォーマンスサービスライン統括パートナー、エグゼクティブコミッティメンバーを歴任。2005年 企業の人材・組織変革を支援するエム・アイ・アソシエイツ株式会社を設立し、代表取締役に就任(現任)。2018年 パフォーマンスマネジメントを支援するクラウドサービス「1on1navi」をリリース後、株式会社アジャイルHRを設立し代表取締役に就任し、日本企業のパフォーマンスマネジメント変革の支援をミッションとして活動中

著書は多数に上るが、「1on1マネジメント」(2018年)はピープルマネジメントの教科書として多くの企業で活用されている。「人事評価はもういらない」(2016年)は人事だけでなく一般の読者にも広く読まれるベストセラーとなった。

 

 

 

 

ご提供いただく個人情報の取り扱いについて―アクセンチュア株式会社

アクセンチュア株式会社(以下「アクセンチュア」といいます)は、アクセンチュアの全世界のグループ会社(アクセンチュア・ワールドワイド)に共通のグループ規範(プライバシーポリシー)に基づいて、個人情報保護に取り組んでいます。

アクセンチュアは、セミナーのお申し込みやアンケートを通じて収集した個人情報を、アクセンチュアの新製品・サービス/キャンペーン/イベントなどの企画・開発、社内における調査・研究、お客さまから再度ご連絡をいただいた際の必要に応じた本人確認、およびアクセンチュアのサービス/キャンペーン/セミナーなどのダイレクトメール、電話、e-mailでのご案内、ならびに共催社への提供の目的で取得・利用し、その範囲を超えた取り扱いはいたしません。また、社内における調査・研究においては、個人の特定を不能とするデータの統計的利用を行います。

アクセンチュアの「個人情報の保護に関する基本方針」については、以下のWebページにてご確認ください。

個人情報の保護に関する基本方針

https://www.accenture.com/jp-ja/pages/privacy-policy.aspx

また、個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ、苦情につきましては、アクセンチュアの下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

e-mail: JPN.DataPrivacy.Info@accenture.com


<申し込みフォーム>

受付は終了しました。