在宅勤務などのテレワークは効率的な面がある一方で、離ればなれの従業員が孤立感を強めたり、負荷を抱え込んでしまったりする可能性もあります。従業員にテレワークをさせて放置したままでは、従業員のストレスが高まってしまうリスクがあるのです。そのためテレワークの環境では、時間管理以上に従業員のコンディションの確認とタイムリーなケアが必要とされます。

 

これまでのリアルな職場環境においても、上司によるメンバーのマネジメントには多くの課題がありました。テレワークの環境ではメンバーが目の届かない場所にいるため、なおさらマネジメントが難しくなります。適切なマネジメントがなされなければ、テレワークは従業員の働きがいを低下させてしまいます。

 

テレワークを成功させるためには、より一層、「従業員を大切にする会社」になることが求められます。そのために、クラウドサービスの活用によって、メンバーが離ればなれの場所にいることのデメリットと上司のマネジメント力不足を補うことを提案します。

 

従業員をケアするクラウドサービス(iromoji:イロモジ)とは?

 

本サービスは従業員の日々のコンディションを「色」で確認し、「言葉(文字)」でタイムリーにケアすることができるサービスです。本サービスを活用することで、テレワーク環境においても以下のことが実現できます。

 

  • 従業員が孤立する環境を作らせません!
  • ケアすべき人をケアすべきタイミングで発見できます!
  • ケアした後も改善状況を確認して継続的にフォローできます!

 

Iromojiは株式会社アジャイルHRが提供する1on1naviと株式会社キーポート・ソリューションズが提供するWillysmという2つのクラウドサービスを連動させたコラボソリューションです。

より具体的なイメージと料金については以下のURLをご覧ください。

https://1on1navi.com/plan/#plan-condition

 

オンライン/オフラインの研修サービスも提供

 

弊社ではクラウドサービスの提供だけでなく、マネジャーがiromojiを活用してメンバーを効果的にマネジメントするための研修プログラムも提供しています。詳細をお知りになりたい方は、以下のフォームからお気軽にお問合せください。

 

【お問合せフォーム】

https://1on1navi.com/contact/